先日、職員間で園内研修を行いました。

子どたちのために、保護者のために私たちができることについて職員同士で話し合いました。

【子どもたちにできることは?】

“笑顔と元気!大人が元気なことによって子どもにそれが伝わる”

“子どもたちの主体性・可能性を信じ続けること”、“子どもの気持ちの意志を尊重する”

新しいことに挑戦する!そしてそこから“やりたい!”に繋げていく”

“できないからやらせないではなく、できるようになるためにはどうしたら良いかを考える”

“大人の根気強い関わりや環境で子どもは大きく変われる!大きく成長できる!”

“子どもの様子や気持ちを考えながら関わっていく。なぜそのような行動をとってしまったのか、背景を考えたり、子どもたちの気持ちを受け止めてから、大人の想いを伝えていく”

“子どもたちが身につけてほしいこと・守ってほしいことはまず私たち大人ができるように徹底する”

“『違い』を受け入れ、多様性を認め合える雰囲気づくりを大切にする”

【保護者のためにできることは?】

“仕事をしながら子育てをすることはとても大変!だからこそ保護者の方々の気持ちにも寄り添い、一緒にお子さんをサポートしていくことを大切にしていく”

“相談しやすい保育士になれるよう信頼関係を築いていく”

“子どもの頑張りや成長をたくさん伝え、保護者の方々と共に喜び合える関係を築いていく”

など子どもたち・保護者のためにできることは何かと、職員同士で熱い話し合いが繰り広げられていました。

そして、最後に子どもたち・保護者のためにできることを考えた時に、まず私たち職員が連携・信頼関係を築いていくことが大切であることを再認識できた貴重な時間でもありました。

じゃんぐる保育園の職員は全体的に若い先生が多いですが、“子どもたちのために”とみんな責任感のある熱い職員ばかりです!今後も子どもたちのために何ができるかと常に考えていきながら、今いる子どもたちを全力でサポートしていきたいと思っています!